毎年決まった季節になると花粉症に悩まされるという方は多いのではないでしょうか。ザイザルは花粉によるアレルギー症状を抑える効果があります。つらい症状に悩んでいる方は当サイトで、花粉症やその治療薬について詳しく見ていきましょう!

ザイザルの効果を知って治療をしよう

花粉症は遺伝するの?

遺伝子イメージ

日本では老若男女関係なく花粉症に悩まされている方が多くいます。
花粉症も何故なるのかは様々な原因が考えられるようですが、その中でも遺伝も大きく関係しているようです。
両親が花粉症だった場合は半数近い確率で子供も花粉症になるというデータもあるのです。
さらには父親のみが花粉症だった場合よりも母親が花粉症であった場合も方が子供も花粉症になってしまう確率が高くなるというデータもあり、かなり影響が大きいと考えられます。
子供は母親の体内にいる間に何かしらの影響を受けているのかもしれません。
しかし母親、父親が花粉症だからといって必ずしも子供に遺伝するとは限りませんので、できることとしては早め早めの予防を行うように気をつけることが大切です。

できる予防法としてはなるべく小さい頃から、花粉が多く飛来している日はなるべく外に出ないようにする、マスクができるのであればマスクを着用するなどしてなるべく多くの花粉を吸い込まないように気をつけてあげることで発症を抑えることができます。
遺伝と聞くと怖い気もしますが、花粉症は発症してしまってもきちんと対処を行うことで体に大きな影響を与えることを抑えることができます。
もともと人には花粉を取り込むと、抗体を作るのですが、この抗体の量が多くなり一定の量を超えると花粉症を発症すると言われています。
つまりは遺伝もそうですが住んでいる環境にも大きく左右されるということです。

花粉が多く飛んでいる場所に住んでいる方はそれだけで発症の可能性が高くなります。
なので両親が花粉症でも花粉の少ない場所に住んでいれば発症せず、遺伝しないですむことになるのです。
花粉症は人によっては睡眠の妨げになったり、日常生活に大きな影響をあたえるのでなるべくならなりたくない症状ですし、なってしまった場合は完治するということがないので難しい症状です。
一概に花粉症といっても様々なタイプもありますので、どのタイプなのかも知っておくことが大切です。

自分はのどの花粉症のタイプ?

大きく分けて3つのタイプがあります。

  • くしゃみ、鼻水型
  • 鼻づまり型
  • 目に症状が出る型
一番多い症状にくしゃみ、鼻水
花粉だけではなく、他にもアレルギー症状の出方として鼻水が出ることが多くあります。
体が意識しない間に、体内のアレルギー物質を外に出そうとくしゃみや鼻水が出るのです。
アレルギー物質が体内からなくならない限りこの症状は改善されることもなく、日常生活に支障をきたすこともあります。
どの症状が出るのかによっても有効な薬や漢方なども違ってきますので、ご自身がどのタイプの花粉症なのかしっかりと知っておくことが大切なのです。
鼻づまり
これは非常に辛い症状で、特に夜の就寝時にひどくなることが多いです。
夜床に溜まった花粉を吸い込むことで就寝時に鼻づまりがひどくなり、しっかりと睡眠をとることができずに毎日の生活に支障をきたすことがあります。
この症状がひどくなると鼻が腫れたり、喉が腫れたりなど本当につらい症状となります。
目に症状が出る場合
主には目のかゆみや涙が止まらないなど強い刺激を感じた時のような症状が現れます。
あまりのかゆみに目を掻きすぎると目の周りを痛めたり、眼球そのものを痛める場合がありますので、無理にかかないようにしましょう。

先ほどの遺伝の話になりますが、花粉症のどのタイプになるかは必ずしも遺伝するとは限りません。
その人その人によって症状は違いますので、母親がこの症状だから自分も同じだと思い込まないようにしてください。
異変を感じた場合は早めに病院にいって、きちんと薬を処方してもらうことです。
症状がひどくなってからだと症状が軽くなるまでにも時間がかかりますし、強い薬を飲まなくてはならないので体にも負担がかかります。

ザイザルについて