毎年決まった季節になると花粉症に悩まされるという方は多いのではないでしょうか。ザイザルは花粉によるアレルギー症状を抑える効果があります。つらい症状に悩んでいる方は当サイトで、花粉症やその治療薬について詳しく見ていきましょう!

ザイザルの効果を知って治療をしよう

花粉症は漢方でも効くのか

花粉症のつらい症状の一つであるクシャミや鼻水を抑えるため、通常の鼻炎薬では眠くなるなどの副作用があることから、漢方薬を服用している人も少なくありません。
漢方の場合、一般的に効き目が穏やかなため、服用後すぐの効果を期待する人には不向きと言えます。
加えて、同じ効能を謳う漢方薬であっても、体質によって処方が変わってくることから、その段階で適した薬に出会えるかどうかもカギとなります。

小青竜湯
花粉症に有効な漢方薬として最もポピュラーなものが小青竜湯です。
クシャミ鼻水に効くと言われますが、サラサラの水っぽい鼻水向けというのがポイントです。
冷えから生じる症状向けですので、比較的体力はあるものの、背中に寒気を感じる人に処方されます。
苓甘姜味辛夏仁湯
こちらも鼻水がひどい人向けですが、小青竜湯がやや体力がある人向けであるのに対して、こちらは冷え性で貧血症状もあり疲れやすく、胃腸も虚弱で全般的に体力が低下している人に処方されます。
葛根湯加川きゅう辛夷
サラサラ系の鼻水でなく、鼻づまりがひどい人に向いてるのは葛根湯加川きゅう辛夷です。
風邪への処方で有名な葛根湯に川きゅうや辛夷といった薬効成分を足したもので、クシャミ鼻水だけでなく鼻づまりの症状がひどく、比較的体力がある人に処方されます。
荊芥連翹湯
濃度のある鼻水が頻繁に出て鼻づまりを起こしている場合は、荊芥連翹湯という慢性鼻炎や蓄のう症に処方される漢方薬が使われます。
こちらも比較的体力のある人向けで、皮膚が浅黒く手足の裏に汗をかいたり、神経質で腹直筋が緊張、過敏なために鼻やのどに問題を起こしやすい人に向くとされます。
これらの漢方薬は、どちらかと言えば対症療法に効果を発揮するタイプと言えます。

花粉症で起こる症状だけでなく、花粉に対してアレルギー反応を起こす体質そのものを改善に導く薬もあります。
根本的な改善を望んでいる場合、時間がかかってもそういった種類の漢方薬を根気よく服用し続けていくことが大事となります。

おすすめの漢方3選

花粉症そのものを抑えられる体質になることを目指して服用する漢方薬にも、いくつかの種類があります。
いずれも、対症療法に向く薬同様、人それぞれの体質や体力に併せて処方を受けることが肝心です。
本来、漢方医か漢方専門の薬剤師から、顔色や舌の状態、脈診などによって診断を受け処方されるものですので、効き目のみに注目して、素人判断で闇雲に選ばないことが大事です。

柴胡桂枝乾姜湯
日ごろ肩こりなどにも悩まされている人に向くのが、柴胡桂枝乾姜湯です。
発作的に激しいクシャミと鼻水が出て、首から上に汗をかきやすく、口が粘って気持ちが悪いといった場合に処方されるものです。 虚弱タイプの人の喘息にも良いとされる薬です。
柴胡清肝湯
アトピーなどアレルギーの肌トラブルにも良いとされる漢方薬です。
子どもの体質改善にも向くとされ、特に癇の強い子どもで皮膚が浅黒く神経質、腹直筋に緊張があって、触るとすぐにくすぐったがるタイプに処方されます。
小建中湯
冷え性で血色が悪く、筋肉が柔らかいなど、虚弱なタイプの人に向く漢方薬です。
疲れやすく、胃腸が弱いため痩せていて、鼻血が出やすくお腹が痛むといった小児の体質改善に使用されます。
風邪をひくと、お腹に来てしまうタイプの人に処方される漢方薬の代表的なものとなっています。

近年、小青竜湯などの対症療法に効く漢方薬では花粉症の症状全般を抑えきれないケースが多く、多少時間がかかっても根本的な体質改善を図る漢方薬を服用するほうが、長い目でみてメリットがあると考えられるようになっています。
現代人は知らず知らずのうちに花粉症を悪化させる食生活を送ってしまっていますので、身体に合う薬の服用と共に、食生活の改善も重要となります。

ザイザルについて