毎年決まった季節になると花粉症に悩まされるという方は多いのではないでしょうか。ザイザルは花粉によるアレルギー症状を抑える効果があります。つらい症状に悩んでいる方は当サイトで、花粉症やその治療薬について詳しく見ていきましょう!

ザイザルの効果を知って治療をしよう

ザイザル服用後に眠気が襲ってきた場合の対処法

あくび

ザイザルは人の体内でヒスタミンという物質の働きを抑える薬です。
ヒスタミンは人の体内でアレルギー反応を起こすために最も重要な働きを担う物質の1つで、ヒスタミンの働きによってアレルギー性鼻炎、じんましん、かゆみといった症状が引き起こされます。
つまり、ザイザルはヒスタミンの働きを抑える薬であるため、これらの症状に治療効果を発揮する薬なのです。

一方で、ザイザルを服用中には眠気が起こりやすいという欠点があります。
これはザイザルが脳内に移行してヒスタミンの働きを抑制することによって起こります。
ちなみに、眠気はザイザルに限らず他の抗ヒスタミン薬でも起こりやすい副作用です。
ザイザルの有効成分のレボセチリジンは脳内に移行する薬です。
実は脳内でもヒスタミンは重要な働きを数多く担っています。
脳内でのヒスタミンの重要な役割の1つに覚醒状態の維持が挙げられます。
ヒスタミンが脳内の神経に働きかけることで、脳は覚醒状態を維持することが可能となります。
しかし、レボセチリジンが脳内のヒスタミンの働きを抑えてしまうと、ヒスタミンによる覚醒状態の維持は困難になります。
このようにして眠気の副作用が誘発されてしまうのです。

ちなみに、抗ヒスタミン薬の中でザイザルはやや眠気を誘発しにくい薬と言えます。
最も眠気を誘発しやすいのは、ポララミン、タベジール、ペリアクチンといった第一世代抗ヒスタミン薬に分類される薬です。
第一世代抗ヒスタミン薬で起こる眠気等の副作用を軽減する目的で開発されたのがザイザルをはじめとする第二世代抗ヒスタミン薬です。
第二世代抗ヒスタミン薬の中には、アレグラ、クラリチン、ビラノア、デザレックスといった全く眠気を誘発しない抗ヒスタミン薬も存在します。
しかし、ザイザルに関しては、これらと比較すれば眠気の副作用が起こる確率は高くなっています。
では、ザイザルを服用後に眠気が襲ってきた場合にはどういった対処法をとるべきなのでしょうか。

ザイザル服用のベストタイミングは就寝前!

ザイザルの服用後に眠気に襲われた場合には、次に服用する時から必ず就寝前に服用するようにするといいでしょう。
なぜなら、服用してから少し時間が経ったタイミングが最も眠気を起こしやすいからです。
実際に、服用後1時間後に有効成分レボセチリジンの血液中の濃度が最高値に達することが分かっています。
眠気の副作用も有効成分レボセチリジンの血液中の濃度に比例して起こる傾向があるため、就寝前の服用がベストタイミングであることが分かります。
例えば、夕食後にザイザルを服用した場合でも1時間後には眠気が起こってしまうため、夕食後に外出や仕事、勉強の予定がある方はそれらに支障をきたしてしまいます。

ちなみに、有効性の面においてもザイザルを服用するタイミングは就寝前がベストです。
有効成分レボセチリジンの消化管吸収は食事による影響を受けることが分かっています。
食後に服用した場合には、空腹時に服用した場合と比較して、有効成分レボセチリジンの最高血中濃度到達時間が1.3時間遅延し、最高血中濃度が35%低下することが分かっています。
最高血中濃度が35%も低下すれば有効性の面にも影響が出てくることが考えられます。

こういった理由から、実際にザイザルの添付文書では、1日1回就寝前に服用することと規定されています。
これは科学的根拠に基づいた服用方法なのです。
就寝前は比較的薬の服用を忘れがちですが、日常生活を通常通りに送るためにも就寝前に服用してみましょう。
もし、就寝前の服用が困難で眠気の副作用も起こしたくない方は、アレグラ、クラリチン、デザレックス、ビラノアといった眠気の副作用が全く起こらないタイプの第二世代抗ヒスタミン薬の服用を試してみるといいでしょう。

ザイザルについて