毎年決まった季節になると花粉症に悩まされるという方は多いのではないでしょうか。ザイザルは花粉によるアレルギー症状を抑える効果があります。つらい症状に悩んでいる方は当サイトで、花粉症やその治療薬について詳しく見ていきましょう!

ザイザルの効果を知って治療をしよう

ザイザルの副作用は?

副作用に驚く女性

ザイザルは花粉症による鼻水やかゆみなどのつらい症状を緩和することができる薬です。
主な副作用として、眠気や頭痛、疲労や口の渇きなどがあります。
うとうとするような眠気でひどいものではありませんが、人によっては強い眠気を引き起こすかもしれないので注意が必要です。
服用した場合、自動車や自転車の運転などは避けておく方が良いでしょう。
これらの症状の原因は、抗ヒスタミン薬が持つ抗コリン作用(アセチルコリン)の働きを抑える作用が関係しています。
ヒスタミンとアセチルコリンの受容体の構造が良く似ているため、抗ヒスタミン薬がアセチルコリン受容体にも作用するからです。
唾液の分泌を少なくさせたり、胃腸の動きをダウンすることがあります。

ザイザルは第1世代のものと比べると、抗コリン作用は少ないのですがゼロではないので、このような副作用が発生することがあるでしょう。
極まれにですが、アナフィラキシーショックや肝臓障害、腎臓障害や聴覚障害などが起こることがあります。
アナフィラキシーショックには嘔吐や倦怠感などのやや軽いものや、意識を失ってしまうような生命に関わるケースもあります。
肝臓や腎臓、けいれん性の疾患やてんかんがある人などは医師に確認した方が良いでしょう。
ザイザルを服用してから体重が増えたという人もいます。

ザイザルはもとより抗ヒスタミン薬の副作用として、食欲の増加が見られます。
他の薬と一緒に飲むことでぜんそくになったり、不整脈になったという報告があります。
脳の神経をしずめるような睡眠薬や安定剤などと一緒に飲むと、眠気やふらつきなどが起こることがあるそうです。
重度の腎障害を持つ人は、ザイザルが原因で血中濃度がアップし過ぎる可能性があるので、服用することはやめましょう。
他の抗ヒスタミン薬を選択することをおすすめします。
もし服用している薬があるなら、医師にきちんと伝えるようにしましょう。
ザイザルを上手に利用することによって、花粉症に効果があります。

ザイザルは効く人と効かない人がいる?

医師からザイザルを処方された人の中には効果がいまいちだったり、効かないと感じている人もいるでしょう。
ザイザルは花粉症の治療薬の中でも効き目や副作用など、中ぐらいの程度のレベルになります。
ザイザルの効き目を弱いと思うなら効き目が強い薬もあるので、ゆっくりと強めの薬に変えたり自分に合う薬を探してみるのが最も効果的な対処法でしょう。
ザイザルでだいたい花粉症の症状を抑えることができるのに、時々効かない時があるという場合、ザイザルの服用をそのまま継続し、点鼻薬やステロイド系の頓服薬などをひどい症状の時だけ使用するという方法もあります。
注射などによる治療もあり、症状に併せて臨機応変に利用すると良いでしょう。
注射にはある程度の効き目があり、有効な治療の1つです。
効き目が非常に優れているというわけではありませんが、副作用による影響があまりないので、基本的にどんなアレルゲンに対しても効果が期待されており、スギ花粉はもとより他の花粉症にも有効的な治療法でしょう。

花粉症のシーズンになると、1ヵ月に数回の通院する必要があるので、仕事や家事で忙しい人には少し不便な方法かもしれません。
薬を用いない花粉症の対策も行うと効果があります。
マスクを着用したり、玄関で花粉を取り除き家の中には入れないよう、いろいろな花粉症対策を行うと効果がアップします。
基本的に花粉を身体の中に入れないことでも十分対策になるので、花粉症の症状をひどくさせないように取り組むと良いでしょう。

花粉症の予防対策として、レーザー治療法や予防効果のある薬を服用する方法があります。
花粉症を完治させるというわけにはいきませんが、事前に準備しておくことで花粉シーズンの症状を軽減するのに効果的です。
花粉症の治療法として、皮下免疫療法や舌下免疫療法などがあります。
治療するのに時間がかかるのですが、2~3年治療を行うと花粉症の症状がかなり緩和されるそうです。
薬に頼らなくても良い生活を送ることができるので、一度検討してみる価値はあるでしょう。

ザイザルについて