毎年決まった季節になると花粉症に悩まされるという方は多いのではないでしょうか。ザイザルは花粉によるアレルギー症状を抑える効果があります。つらい症状に悩んでいる方は当サイトで、花粉症やその治療薬について詳しく見ていきましょう!

ザイザルの効果を知って治療をしよう

アレグラは市販薬と処方薬どんな違いがあるの?

アレルギー性鼻炎の症状緩和や蕁麻疹や湿疹などの皮膚疾患の緩和を目的として使用される医薬品が、アレグラです。
アレグラには、ドラッグストアなどで市販されているタイプと病院で処方されるタイプがあります。
市販されているアレグラと病院で処方されるタイプにはいくつかの違いがありますが、その一つが適用される疾患が挙げられます。
まず、市販されているタイプが適用されるのは、花粉症などのアレルギー性鼻炎の症状を緩和することを目的としています。
対して、病院で処方されるタイプについては、アレルギー性鼻炎はもちろんのこと、アレルギー性皮膚炎、喘息などの症状が見られる場合にも使用されます。

主成分であるフェキソフェナジン塩酸塩が同じく配合されているわけですから、両方が同じ疾患に対して効果があるのでは無いかと思われがちです。
しかし、市販されているアレグラに関しては、あくまでもアレルギー性鼻炎の症状を緩和するということを目的としているため、皮膚疾患などの症状を緩和させる効果は期待することが出来ませんので、注意が必要です。

そして、服用することが出来る年齢にも違いがあります。 市販されているアレグラについては、服用することが出来るのは、15歳以上となります。
これは、副作用のリスクがあるためです。
一方の病院で処方されるアレグラについては、12歳から服用することが出来ます。
15歳以下の子供に対しては、主成分であるフェキソフェナジン塩酸塩の量が半分にされたものを処方してもらうことが出来る事も多いようです。
なお、それはあくまでも病院で処方されるアレグラのことであり、市販されているタイプを購入した後に、自己判断で半分に割るなどして子供に服用させるということは止めるようにしましょう。
特に15歳以下の子供が服用するという場合には、必ず医師もしくは薬剤師に相談をした上で、症状などを相談しながら服用するべきか否かを確認するようにしましょう。

値段の違いはあるの?

市販されているアレグラは、第一類医薬品に指定されています。
これは、要指示医薬品に分類されるものですので、購入する場合には、薬剤師がいるドラッグストアを選択する必要があります。
薬剤師がいないもしくは購入時に薬剤師が不在であった場合には、購入することは出来ません。
価格については、7日分を購入した場合には1日あたり200円弱、14日分を購入した場合には1日あたり140円弱という事が多いようです。
取り扱っている店舗によって異なる可能性もありますのが、7日分を購入するよりも14日分を購入した方が1日あたりのコストが少なくなります。

一方の病院で処方されるアレグラの場合、薬を手に入れるためには、まず診察を受ける必要があります。
保険適用の場合、かかった医療費の3割の負担となる事が多いため、14日分のアレグラを手に入れるという場合の費用は2100円程度であり、1日あたりに換算すると150円程度です。
薬の料金だけを見ると、それほど高くはありませんが、診察料や処方せん料、調剤基本料などが必要となりますので、このような価格になるようです。
また、保険が適用されないという場合には、全額自己負担となりますので、14日分のアレグラを手に入れるためには7000円ほどの費用が必要となります。

処方薬を手に入れる方法として、海外で扱われている薬を個人輸入という形で購入する方法もあります。
この方法であれば、ドラッグストア・病院から購入するよりも手頃な価格で購入することが出来るというメリットはあります。
しかし、購入したアレグラが正規の品であるか否かを調べる術はありませんし、体調不良の原因となる可能性もありますので、おすすめの方法とは言えません。

ザイザルについて