毎年決まった季節になると花粉症に悩まされるという方は多いのではないでしょうか。ザイザルは花粉によるアレルギー症状を抑える効果があります。つらい症状に悩んでいる方は当サイトで、花粉症やその治療薬について詳しく見ていきましょう!

ザイザルの効果を知って治療をしよう

アレグラはアトピー効果もあるの?

アレグラは人の体内でヒスタミンという物質の働きを抑える薬です。
ヒスタミンはアレルギー反応を起こすために重要な働きを担っている物質で、この働きを抑えるアレグラはアレルギー性疾患に対する治療効果が期待できます。
市販薬のアレグラFXがそうであるように、アレグラはアレルギー性鼻炎の治療に用いられることが多い薬ですが、それだけでなく皮膚疾患に対しても治療効果を発揮する薬です。

具体的には、じんましんやかゆみに対して治療効果を発揮します。
じんましんはヒスタミンによる血管透過性の亢進が引き金となって起こります。
血管透過性の亢進とは血管の細胞のすき間から血液の成分が漏れ出してくる状態のことをいいます。
これによって血液の液体成分が皮膚組織へ漏れ出して、その分だけ皮膚組織の体積が増加します。
これがじんましんの皮膚が膨れ上がった状態になるのです。
つまり、ヒスタミンの作用を抑えるアレグラはじんましんに有効です。
また、かゆみもヒスタミンによって引き起こされます。
かゆみは皮膚に張り巡らされている知覚神経がヒスタミンによって興奮し、その刺激が脳に伝わることで起こります。
つまり、ヒスタミンの作用を抑えるアレグラは知覚神経の興奮を抑えることができるのでかゆみを抑える効果も期待できます。
じんましんやかゆみといった症状はアトピー性皮膚炎の症状としても現れます。
よって、アレグラはアトピー性皮膚炎に対しても効果がある薬と言えます。

ただし、アレグラはアトピー性皮膚炎の治療の主軸になることはありません。
あくまでアトピー性皮膚炎に対する薬物治療の目的は、皮膚の炎症を抑えることです。
皮膚の炎症を強力に抑える、ステロイドや免疫抑制剤による治療がアトピー性皮膚炎の治療の主軸になります。
アレグラだけでアトピー性皮膚炎の治療を済ませることができるというのは大きな間違いです。
あくまでもアトピー性皮膚炎の治療においては補助的な役割なのです。

アレグラと塗り薬の併用は大丈夫?

アトピー性皮膚炎の治療の主軸になるのは、ステロイドや免疫抑制剤ということをお伝えしましたが、これらは塗り薬という形で使われることが多いです。
ステロイドや免疫抑制剤を内服や注射で用いると全身的に免疫機能が低下して感染症にかかりやすくなるなどの悪影響が出る可能性があるため安易に内服薬を使用することができないのです。

では、ステロイドや免疫抑制剤の塗り薬とアレグラとを併用することはできるのでしょうか。
結論から申し上げますと、ステロイドの塗り薬、免疫抑制剤の塗り薬と併用することができる薬です。
ここまで紹介してきた通り、アレグラはじんましんやかゆみに効果がある薬です。
このため、アトピー性皮膚炎の延長でじんましんやかゆみが起こっている場合には、塗り薬とともにアレグラも一緒に使用しても構いません。
むしろ使用することが推奨されます。

もし、じんましんやかゆみの症状が出ている状態でアレグラなどの抗ヒスタミン薬を使用しなければ、当然じんましんやかゆみの症状が継続しやすいです。
こういった症状が継続してしまうと、小児、成人に関わらず、皮膚をかきむしってしまいます。
すると、皮膚表面の角質層が剥がれ落ちてしまいます。
この角質層は肌の外側のバリア機能を担っている組織です。
角質層がなくなってしまうと、外部から細菌やほこりなどが容易に皮膚の奥深くに入り込んでいけるようになります。
この皮膚の奥まで侵入した外部からの異物がまた免疫細胞を興奮させ、皮膚の炎症を悪化させてしまいます。
アレグラは塗り薬と相互作用することもありません。
皮膚のバリア機能を維持して、これ以上皮膚炎を悪化させないためにも、じんましんやかゆみが起こっている時にはアレグラを積極的に使用しましょう。

ザイザルについて