ザイザルの効果を知って治療をしよう

毎年決まった季節になると花粉症に悩まされるという方は多いのではないでしょうか。ザイザルは花粉によるアレルギー症状を抑える効果があります。つらい症状に悩んでいる方は当サイトで、花粉症やその治療薬について詳しく見ていきましょう!

ザイザルの効果を知って治療をしよう
このエントリーをはてなブックマークに追加
杉花粉

スギなどの花粉による花粉症によって、毎年多くの人が大変な思いをしています。
マスクなどでの予防にはどうしても限界がありますので、花粉の舞う季節は憂鬱になる方も多いのではないでしょうか。
自分の意志では止められないくしゃみや鼻水の辛さは、筆舌に尽くしがたいものがあります。

花粉症はあくまで体が起こすアレルギー反応の一種です。
仕組みは既に解明されており、根本的な治療こそできないものの、花粉症による症状を緩和することは十分に可能です。
その薬の中で、第二世代と呼ばれる薬は効果が高く、花粉症の薬によくある眠気も抑えられています。
中でも比較的効果が高く、作用が強いことでザイザルという薬が知られていますが、それはいったいどんな薬なのでしょうか。

ザイザルの効果

くしゃみ

ザイザルの効果について解説するためには、まずなぜアレルギー反応が起こるのかを解説する必要があります。
そもそも、アレルギー反応は決して異常な現象ではありません
体の中に入ってきた異物に対して無力化、あるいは体外へ排除するための反応が、作用の過程で過剰に起きてしまうことを、アレルギーと呼んでいるのです。

体の中に細菌や花粉などの異物が侵入してくると、それを感知するための細胞が働いて、体内に異物を無力化するための抗体が作成されます。
抗体と異物は、まるでジグソーパズルのピースのようにぴったりと結合し、勝手に体内に結合しないよう無力化されます。
何事もなく異物の処理が終われば、体には何の変化も起きません。
しかし、異物と抗体の戦いを手助けするために、ある成分が働きます。
ヒスタミンという成分は、血管を広げたりして、異物と抗体が接触しやすくする効果を持っていますが、その効果が行き過ぎてしまうとくしゃみや鼻水の原因になってしまいます。
アレルギー反応とは、いわば過剰防衛の結果です。

ザイザルの主成分であるレボセチリジン塩酸塩には、ヒスタミンの分泌を抑えるのではなく、過剰に働かないよう抑えるという効果が存在します。
アレルギー反応が起きる過程で、ヒスタミンはH1受容体という成分とくっつき、くしゃみなどの症状を引き起こすのです。
レボセチリジン塩酸塩は、ヒスタミンと受容体との結合を遮断します。
そうすることで、アレルギー反応を弱められるのです。
こうしてヒスタミンの効果が表れにくくなれば、過剰なアレルギー反応も起こりにくくなり、くしゃみや鼻水も減っていく、というように効果が発揮されます。

ザイザルがアレルギーにだけ効く理由

ザイザルの作用について疑問に思う方もいるかもしれません。
なぜヒスタミンを減らすのではなく、それを受け取る側に作用する薬なのでしょうか。
理由は、ヒスタミンの他の仕事を妨害しないためです。
ヒスタミンは、先ほど記した血管拡張効果のほか、覚醒状態の維持、食行動の抑制、記憶学習能の修飾など、多くの仕事を担っています。
もしも薬が、それらをまとめて停止させてしまったらどうなるでしょうか。

ザイザルは、ヒスタミンを丸ごとカットしてしまうのではなく、アレルギーのもう一つの原因であるH1受容体とヒスタミンの結合を遮断することで、ヒスタミンの仕事を守りつつアレルギーを抑えることが可能になっています。
とはいえそれも完全ではなく、脳内のヒスタミンの働きも鈍らせてしまい、服用者の眠気を強めてしまうことも少なくありません。

ザイザルの成分

花粉症に効果をもつ薬は、世の中に多くあります。
それだけ研究が進められているということですが、そのために、花粉症一つとっても多くの薬があるので、どれがどんな効果を持っているのか、少しわかりにくくなっています。
ザイザルの主成分はレボセチリジン塩酸塩ですが、ほかの成分を軸にしている薬も存在します。

そんな中で、ザイザルには中程度の効果と、比較的眠気が発生しにくいという二つの特徴があります。
アレルギー反応を抑えようとすれば、必然的にヒスタミンと、その受容体の二つの戦いになります。
いかにうまく効果を発揮しつつ、眠気を和らげるかが、それぞれの薬のセールスポイントです。
ザイザルよりも効きやすい薬はありますが、それを服用すれば必然的に眠気との戦いを強いられてしまいます。

風邪薬なども、ザイザルと同じような方法でくしゃみ、鼻水を和らげるために眠くなってしまいます。
ですが、寝て治すのが最大の近道などといわれる風邪と、服用してなおかつ働かなければならないことが多い花粉症では、眠気への対策は死活問題といえるでしょう。

ザイザルは、主成分であるレボセチリジン塩酸塩の効果か、花粉症に対しては十分な効果を持ち、他と比べて眠くなりにくいというアドバンテージを持っています。
とはいえ、薬の効果は個人差が大きい分野なので、常に自分の体調と相談するようにしましょう。

ザイザルの効き目はいつ?

ザイザルは、服用後一時間で効果が発揮され、そのあとほぼ一日中効果が持続します。
忙しく働いている人には頼りがいのある、即効性と持続性に優れた薬であるといえます。
アトピーなどの、別のアレルギー症状を患う患者で調査を行ったところ、30時間ほども効果を保ち続けた例がありました。
にもかかわらず、服用後すぐにザイザルの効果を実感することもあり、個人差の激しさを抜きにしても、効きやすく抜け難い便利な薬であるといえます。

ザイザルの効き目は血中濃度に作用される

そもそも薬の効き目は、特にその薬の血中濃度に左右されます。
濃度が薄すぎれば効果が表れず、逆に高すぎれば予期せぬ効果を生んでしまうこともあります。
ですので、薬の服用においては、薬の血中濃度を一定範囲に保つため、時間や一日の回数を細かく指定し、その通りに服用することが基本ルールとなります。

もちろん、体内に取り込んだ薬はゆっくりと体内に流れ出していきます。
薬の成分は、通常の食品などとは違って、体の粘膜などからスムーズに取り込まれます。
体に取り込むペースは薬の服用である程度変えられますが、その逆は全く持って操作できません。
前述したとおり、薬の服用は、血中濃度を一定に保つことが何よりも優先されます。
体の思い通りにならない部分はさっぱりあきらめて、うまくザイザルを生かせるような服用のスケジュール管理が必要です。

ザイザルの服用タイミング

それを踏まえたうえで、ザイザルの効き目を見てみると、ザイザルの服用管理は非常に楽であるといえます。
毎日一回、必ず飲むタイミングさえ決めておけば、簡単に濃度を調整することができ、薬の効果をより高く保つことができます。
場合によっては医師と相談し、個人差も含めて、一番自分に合った時間で服用することが可能です。
こういった便利さは、ザイザルの主成分であるレボセチリジン塩酸塩の効果もあるかもしれません。

ザイザルの欠点

しかし、それは裏を返せば、細かいリカバリーが効きにくいということでもあります。
元々、服用を忘れたからと言って、次に飲む量を増やしたりするのはご法度です。
ザイザルをはじめとする、一日の服用回数が非常に少ない薬はさらに深刻です。

また、人の体は薬に対する耐性を、時間をかければある程度は獲得することができます。
それは意識して制御できるモノではありませんが、薬の血中濃度がやたら高いときと、逆にとても低いときに、薬への耐性の獲得は活性化します。
それを踏まえて、ザイザルの服用を計画していかないと、花粉症との戦いの後半戦、あるいは来年の同じ時期に、さらなる苦労をするかもしれません。

服用回数が少なく、面倒な手間がかかりにくい薬は、逆に言えば細かい修正が効かないというわけです。
毎日の服用時間を大枠でいいから決めておかないと、せっかくの薬に耐性がついてしまう、ということもあり得るので注意が必要です。

ザイザルの服用についての注意点

なによりも大切なのは、ザイザルが非常に早く効き、その上、丸一日効果が持つことです。
他の様々な薬の場合は、毎食後に飲んだり、あるいは一日数回と回数が決まっていたりしますが、ザイザルの場合はそういったものはありません。
医師と相談したりして、個人にあったタイミングを設定すれば、あとは一日一回で十分な効果を得ることができるのです。

そして、それと同じくらいに大事なのが、もし仮に服用のスケジュールが狂ってしまった場合も、服用の量を急に変えたりせずに、気づいた段階で速やかに服用して、体の中に常に薬の成分がある状態にしてください。
もっともしてはいけないことは、服用を忘れてしまったからと次に服用する時に、普段よりも多くの量の薬を服用してしまうことです。

それを行ってしまうと、体の中のザイザルの濃度が非常に濃くなり、体が薬に対する耐性を得てしまいます
急場しのぎとしてはいいかもしれませんが、花粉症とは長い付き合いになることを見越して、来年やそのまた来年も、花粉症に悩むことのない生活を送れるように気をつけましょう。

ザイザルの入手は通販

医者

ザイザルは医薬品です。
本来であれば、医師から処方箋をもらって薬局で購入することで入手できます。
ですが、その方法では大量に購入することが難しく、毎年のように面倒な手間をかけて、薬を高値で購入することになってしまいます。
花粉症という、長期間にわたって悩まされる羽目になる病であればなおさらでしょう。

また、ザイザルなどの効果が強い医薬品は、取り扱う為に負う責任がとても大きいため、ドラッグストアでも購入することができません。
ザイザルの前身であるほかの薬品を取り扱っている場合は多いのですが、残念ながら、ザイザルは店頭で購入することができず、他の薬品のように、お出かけついでに手軽に購入するというわけにはいかないのです。

ザイザルはインターネットで購入することができます。
また、薬局では難しい大量購入も可能になっています。
手段としては、正規品を取り扱っている日本のサイトから購入することが最も安全だといえるでしょう。

通販サイトの選び方

大手通販サイトでは医薬品などは取引されていません
取扱いに資格が必要なため、様々な面でコストがかかってしまうからです。
ですが、検索すれば医薬品を取り扱っている、医薬品専門のサイトが存在することが分かるはずです。

医薬品を取り扱うサイトは大別して以下の二つです。

  • 日本国内で販売されている医薬品やジェネリック医薬品を販売しているサイト
  • 海外の工場で生産されている医薬品を取り扱う輸入代行サイト

基本的には、正規のザイザルを手に入れるのであれば、迷わず国内のサイトを選びましょう。
日本国内のサイトを選ぶ理由としては、ザイザルは街のドラッグストアでも販売許可が下りないほどに強い医薬品だということです。
病院などのしっかりとしたケアのもとで購入するのならそうそう大きな問題は起きません。
それでも、ドラッグストアで購入できる第二類医薬品とは根本的に違います。
ザイザルを服用する際は、それを忘れないようにしましょう。

医薬品を取り扱うサイトの安全性

効果が強い医薬品は、取り扱っていないサイトも多いのですが、逆に言えば、それでも取り扱っているサイトは相応の資格と安全性を持っていることになります。
効き目の強い薬品を通販で取り扱うというのは、かなりの利益が出そうな商売に見えますが、承認を得るのは難しいのです。

医薬品を取り扱うサイトは、他の通販サイトとは決定的に違う点があります。
商品説明文の長さです。
大手通販サイトでは商品の概要やセールスポイントが書き込まれる商品説明欄に、医薬品を取り扱うサイトは、医薬品の使用上の注意が大量に書き込まれているのです。
その理由は、それほどまでにしっかりとした管理体制が必要とされているからです。
それほどきちんと管理されているところでなら、医薬品を購入しても、詳しい説明がしっかり掲載されているので、安心して服用することができます

医薬品を取り扱うサイトの注意点

注意があります。
通販サイトで購入できるのは、薬局で渡されるような週単位の量ではなく、月単位の箱詰めの医薬品になることです。
普段薬局で受け取る薬は、ほとんどが1~2週間分の量にカットされて紙袋に入れられていますので、そちらに慣れてしまっていると、医薬品が箱で入っていることに違和感を覚える方もいるかと思います。

箱詰めになっていていいこともしっかりあります。
医薬品の単価は、やはりほかの商品と比べても高めに設定されていますが、大抵の通販サイト同様、医薬品の通販サイトでも、まとめ買いには割引が発生するのです。
一日当たりの金額の得をとるか、それとも、花粉が舞う季節の長さとの調整をとるか、そこは悩みどころです。

また、医薬品を扱うサイトは、大手通販サイトではないがために、ある問題を抱えています。
大手サイトよりも、荷物の配達が遅いのです。
花粉の季節に備えて購入するくらいなら問題はありませんが、もうすでに花粉が舞っている季節になってから購入するのは、出来るだけ避けるようにしましょう。
いろいろと大手通販サイトとの相違はありますが、いくら医薬品の通販といえども、通販は通販です。
賢く利用して、うまく花粉の季節を乗り切りましょう

ザイザルについて